会社辞めた28歳が10ヶ月離職して再スタート★虹いろココット

やりたいことを見つけたい、今を変えたい、でもやっぱり無理。そんな気持ちを、ぜんぶ大事にココットのお鍋に入れて。そっと火にかければ、きっと綺麗な虹色になる。

入社4日目:バカが多くてマジギレゆりぼう

 

先に断っておく。

 

今日はブラックゆりぼうだ。

(愚痴…というよりもはやキレ☆)

 

 

特に後半、ものすごい口汚くて

品のない表現に溢れている…

良い子のみんなは、注意DA!

 

f:id:start-mylife:20180720220711p:plain

 ※ガオみ溢れるゆりぼうの図

 

 

------

 

入社4日が経ちました…

やっと週末だ…。

 

 

 控えめに言っても、疲れすぎて倒れそうです。(^^;)

 

 

疲れた、眠い、疲れたの往復www

 

 

 

 

以前働いていた頃にときどき感じていた、

 

「疲れすぎると逆にお腹空かない」

 

という感覚を久々に感じたよ…。

 

 

まじ疲れた…

 

 

そして、

やっぱ会社って根本的にはどこも変わらねーな…

というのがいまの感想です。

 

 

業界も仕事の種類も働き方も福利厚生もぜんぜん違うけど、

やっぱ「会社組織」って本質的なことを追求するところではないようだ。

 

それなりに暮らしていければいい人と、

仕事できないけど適度に慣れ合っていければいいと思ってる人がいると、

やっぱりイライラしますね。

 

いや、イライラするだけ無駄なのはわかってるんですが。

 

仕事に熱い人がいても、

ズレてたり視野が狭かったり、考えが凝り固まっていたり、

本質的じゃなかったりすると、ホント残念なだけだわww

 

 

いまいる会社は、

いろいろ条件は良いものの、あんまり頭のいい人間が

集まっているところではなく、

それは事前に覚悟していたのですが、

 

ここまでだと、ちょっとストレスになるかもしれないなぁ…。

 

なんていうかね、

 

ちょっとバカにされるんですよね。

私が。

 

 

合理的なこととか、

本質的な考え方ができることとか、

理路整然としていることとかって、

ビジネスマンとしてフツーのスキルだと思うんですけど、

 

 

バカばっかりだと、

そうある方が異常に見えるらしくて

 

 

「なんでそんなこと考えてるの?笑 変わってるね。」とか、

「えー、フツーそこまで考えないよ」とか、

「そんなこと(※)やってるの?普通じゃないからww」とか、

 

 

バカすぎてこちらの言うことが

理解できない模様。

 

 

※印は、アイデア思考として有名すぎる

ある思考法が入ります。

 

 

まあ、この人たちゆりぼうの部署じゃないから

どうでもいいといえばどうでもいいんですけどね。

 

 

私は、確かに国立大理系出身だし、

頭がいい方だとは思いますが、

でもね、今日ゆりぼうが言う「バカ」は

学力の話ではありません。

 

 

ゆりぼうは、前職ではこれでも

考えが至らない点や、浅かったりすることがいっぱいあったし、

ゆりぼうよりもっときちんと考えられる人もいっぱいいました。

 

だから、ビジネスマンとしては自分は普通レベルだと思うんだ。

 

もちろん特別劣ってるわけではないのも確か。

どちらかといえば、営業でも企画でも評価はされてきた方だし、

打ち合わせでもお客様対応でも困ったことはありません。

 

まあつまり、何が言いたいかというと、

それなりに優秀なビジネスマンだったけど、

学ぶこともまだまだなことも多かった。

 

 

だから、やってきたこととか、

考え方とか、

もっと優秀なビジネスマンから見れば

「わざわざ言わなくても息をするようにできること」

であるはずなんです。

 

 

なのにこの反応…。

 

そんなのやってきてるなんて変わってる、

へんなの、普通そういうのってやらない、

みたいな。

 

 

まあ、こちらの感想としては、

 

カには相手の頭の良さが

理解できないんだな

 

というところです。

 

でも、これって実はなんにでもいえることで。

たとえば音楽でも、芸術でも、歌舞伎でも、

「モノゴトの良しあし」って、

それに関する知識が少なからずないと分からない

ものですよね。

 

 

つまり、ある程度自分側が

そのスキルなり、経験なり、知識なりをもっていないと、

「どのくらいいいか、もしくは悪いか」

判断できないんですよね。

 

 

何が言いたいかというと、

バカはバカすぎて

自分がバカなこともわからないらしい

 

ということです。

 

普通、

なにかに無知なことだったり、

自分がやってこなかったこととかって、

ビジネスではどちらかといえば、

恥ずべきことの方になることが多いし、

いや恥じてくださいとまでは言わないんだけど、

 

 

少なくても、

 

 

自分が知らないことや、

やってきてないことに対して、

無駄に正当化するべきではない

 

と思うんです。

 

 

ほんと、バカなんじゃないの?

 

それで社会人なの?

笑わせんなよ、タコが!

 

と言いたい。

 

そして、フツーなら

そういう風に自分の無知さが露呈することって少ないんですけど、

 

同じレベルの人間が数人集まると、

 

どうやらそれを世界のスタンダードだと

勘違いするらしくて、

 

その場にいる自分たちと違う温度感の人をバカにしてくるんですよねwww

 

まあ、それでわたしは

ここまで不機嫌になってたわけです。

 

 

あー うざかった!!!

 

ほんとにゆりぼうの部署じゃなくてよかった!

もうそれしか言えない。

 

 

 

でも、人生って、

どこへ行っても自分との温度が合わない人っているはずで。

そういう人に腹を立てないためにはどうしたらいいんかね…。

 

ゆりぼうは人のレベル感が違うこと自体は仕方ないと思うんですけど、

明らかにその人のレベルがまだまだなのに、

ひとつも努力や改善をしようとしない人には、どうしても腹が立っちゃいます。

 

どーしたもんかなぁ。

完ぺき主義を完ぺきに脱するのは、なかなか簡単ではありませんね^^;

 

 

今日はバカバカ連呼してすみませんでした。

 

念のため言っておきますが、

今日言ってきた「バカ」は、学力とは関係ありません。

 

 

そういうのとは別に、

自分の無知を棚に上げたり、

自分ができないことをしている相手をバカにしたり、

自分の視野が狭いだけなのに少数派を虐げたりする、

 

骨の髄までバカでどうしようもない人こと

を言ってきました。

 

 

そんな感じでご査収ください。

 

それにしても言葉づかい悪くて

すみませんでした。

 

 

 

明日は前向きな記事かくぞ!!