会社辞めた28歳が10ヶ月離職して再スタート★虹いろココット

やりたいことを見つけたい、今を変えたい、でもやっぱり無理。そんな気持ちを、ぜんぶ大事にココットのお鍋に入れて。そっと火にかければ、きっと綺麗な虹色になる。

【アニメ感想】はねバド!第1話「スッゴい才能!」が最っっ高すぎ…

ハーイ、こんにちは。

ゆりぼうです!

 

先日、間違えて、ハーゲンダッツ

冷凍庫ではなく冷蔵庫に入れてしまったんですが、

 

今日もまた懲りずに冷蔵庫に入れてて、まじ自分大丈夫かなと

思ったのは激しくどうでもいいとして、

 

はねバド、

アニメ最高すぎない!!???

 

 

 

 

ちなみに、知らない方のために前知識として!!

(※ゆりぼうも原作知らない)

はねバド!』は、濱田浩輔による日本の漫画。高校女子バドミントンを題材にした作品で、『good!アフタヌーン』にて、2013年32号より連載されている。

 

f:id:start-mylife:20180706184023p:plainãã¯ã­ããã表ç´ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

(左が1巻、右が5巻、同じ人物らしいです。笑)

 

 

 

とにかくね、もう、第1話、マジすごすぎて・・・!!

なにがすごいってもう色々あるんですけど、

 

 

すでに冒頭から本番状態で、

オープニングに入る前の開始3分がすごすぎて、

 

その時点ではやくも

今期の視聴が決定しましたからね。

 

 

ゆりぼうは心の中で叫びました!!

 

「これは久々の大当たりですわ!!!(歓喜)」

 

 

 

 

アッ、申し遅れました、

わたくし、幼少期から数々のアニメを見続けて

ストーリーの抽象化と具体化を頭の中でしまくっている

アニメ大好きゆりぼう、

 

略してアニぼうと申します。

 

なにそれ?アニオタ?と思われるかもしれませんが、

残念ながらアニオタではないんです!!ホント残念ながら…!

 

(学生の頃、自分はもしかしてアニオタなのかもと思って

アニオタさんとつながる試みを何度かしたのですが、

結果、どのタイミングでどこに属してもぜんぜん話が合わなくて、

自分は違ったということがよくわかりました。

この話はいつか詳しくしたいと思いますが^^!)

 

 

とりあえず、アニぼうは感じたのです。

こりゃあ、やべーアニメがきたなと。

 

 

アニぼうの肌感覚によれば、

全話通しで見ると「面白い作品」でも、

初回から本当に本当に「面白い!!」感じる作品は2割以下。

(徐々に面白くなっていったり、

3話・4話ぐらいのあるターニングポイントから一気に加速するストーリーが多い)

 

 

そんな中、オープニング前の冒頭部分で

今期の視聴が決定するほど良さを感じたものなんて、

いつぶりかもわからないレベルでした。

 

 

アニぼう、まじ感動(;ω;)ブワッ

 

 

 

●【で、具体的にはどこがいいのか?】

 

はねバド!は、

 

 

どこが良いかというと、

オープニング以外の全て ですね。

 

オープニングは正直、合ってないと思いました。

 

 

実はアニぼうは、

アニメの30分間の視聴時間のなかで、

オープニングの時間を一番楽しみにしている

ほどにはオープニングフェチなのですが、

 

はねバドのオープニングは好みではありませんでした。

現時点、1話視聴した限りの感想では、

 

「曲と世界観あってないでしょこれ?」

 

に尽きます。

 

曲単体ではいいと思うし、

オープニングの構成や作画も美しいと思いました。

 

けど、

オープニングはアニメの世界観と

 合っていてなんぼですから!!

 

 

と、ここは強く主張したいところです!!

 

なんていうか、そういう点で、

残念、がっかり。うーん、ミスマッチ。。。

 

でも、それ以外はほんとに素晴らしい!!

 

アニぼうは原作の漫画のはねバド!を知らないので、

あくまでアニメだけを見た感想なのですが、

 

作画     :すばらしい

キャラデ   :いいと思う!

声優さん   :1話見た限りでは合っていると思う!

ストーリー展開:うまい!!

演出     :とてもよい!!

音楽     :すごくよい!!

視聴者の引込 :すごくうまい!!

世界観    :かなり好き♡♡♡

キャラの動き :スポーツの動きが神!!!

 

となっております。(※アニぼう評価)

 

はねバド!はバドミントンのアニメなのですが、

スポーツのアニメって、なんだかスポーツ描写が

適当だったり、作画大変だから動きをうまく略したり、

逆に現実ばなれした演出(※テニプリみたいな)

のイメージがどうしても強くないですか?

 

はねバド!は、もうね、

動く動く。

作画枚数ヤバすぎない?

 

そして、それが

めっちゃリアルで迫力ある。

試合のシーンも、めっちゃ細かい描写!!

 

 

最高かよ\(^o^)/

 

 

そしてなにより、

 

萌アニメでもご都合アニメでもなく、

人間の弱さや闇がちゃん描かれている…!!

 

 

 

アニぼうは、

これが、

大好物。

 

(^q^)じゅる

 

 

結構前、はねバド!のアニメ化が

決定した頃ぐらいに一度ネットで見かけたのですが、

 

はねバド!はスポーツ界のブラックラグーンだからな」

 

という言葉を信じてみてほんとによかった!!!!

 

まだ1話だけどそんな感じあるわ!!!!

 

 

 

●【スポーツ界のブラックラグーンとは?】

 

ããã©ãã¯ã©ã°ã¼ã³ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

ブラックラグーンとは、全くの別ジャンル・別作品なのですが、

漫画の原作がアニメ化されて、第1期が2006年に放送されました。

 

今からすると、だいぶ昔のアニメになります。

 

でも、アニメ好きには超有名な神作品。

 

よく「これだけは絶対見ておきたい神アニメ○選!」とか

ありますが、そういうランキングでもかなりよく見かける大御所です。

 

ただ、ワンピースやセーラームーンのような、

「一般人でも見てたり知ってたりする有名なアニメ」とは路線が違うため、

ある程度以上のアニメ好きの中で、長~~く愛されている作品です!

 

アニぼうもこの作品は本当に好きで、全24話を

軽く3週はしていると思います。

「楽しい」なんて安っぽい言葉では表現できませんが、

とにかく、何度でも観たくなります。

 

 

ストーリーの概要は、ウィキ先生によると

タイの架空の犯罪都市ロアナプラを舞台に、荒事も請け負う運び屋と、いわゆる裏社会に属する組織や人物たちが繰り広げるクライムアクション作品爆弾などが頻繁に登場し、一部のシーンにかなり残酷な描写、一部の人物の言動に表現上の問題、そして社会的な問題描写も見られる。作中年代は登場人物の経歴や台詞から、1990年代後半であることが示唆されている。

 

とありますね。

 

上記にあるように、

残酷とか爆弾とか殺し屋とか色々出てはきますが、

 

アニぼうから言わせると、

 

本質的な姿としては、

 

人の心の闇と弱さがありありと描かているのに、

アクティブでめちゃめちゃカッコよくて、

見ていてサイコーに血がたぎるアクションアニメ

 

だと思っています^^

 

ããã©ãã¯ã©ã°ã¼ã³ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

 

だから、

はねバド!はスポーツ界のブラックラグーン

という言葉を見たとき、

 

この本質的な部分が共通しているのではないかな?

と期待したわけでした^^

 

はねバドの主人公、

1話からこんな顔してるしね!!

f:id:start-mylife:20180706192135p:plain

f:id:start-mylife:20180706192301p:plain

(※同一人物)

 

 

そしてブラックラグーンでも

f:id:start-mylife:20180706192450p:plain

f:id:start-mylife:20180706192832p:plain

(※同一人物)

 

うーん、すごい(笑)

 

ブラックラグーンを知っている人にだけしか伝わらないといえばそうなのですが、

この「はねバド!はスポーツ界のブラックラグーン」という表現は、

なかなか秀逸だなぁと、個人的には思っています。

(考えた人、すげえ。ていうかブラックラグーン好きなんだな^^)

 

 

とはいえ、

はねバド!に関してはまだ1話ですから、

引き続き楽しみに観ていきたいと思います!!

 

今週末に2話放送だと思うので、

みなさんも良かったらぜひ!まだ全然間に合いますよ~~♪

 

公式がニコニコにも配信してるので、こちらで1話も観れます!

ゆりぼうが魅了された冒頭3分だけでもぜひぜひ!!

www.nicovideo.jp

 

 

 

ではでは、アニメ大好きアニぼう回でした~♪