会社辞めた28歳が10ヶ月離職して再スタート★虹いろココット

やりたいことを見つけたい、今を変えたい、でもやっぱり無理。そんな気持ちを、ぜんぶ大事にココットのお鍋に入れて。そっと火にかければ、きっと綺麗な虹色になる。

「あれ、わたし寂しいかも」と思った瞬間にナンパに遭う現象を誰か説明してくれ

ハーイ、こんにちは。

ゆりぼうです。

 

 

突然ですけど、ナンパうぜぇ( ^ω^ )

 

 

 

 

ゆりぼうは今、生理ですごくイライラしてて、おまけに疲れてて余裕なくて、それはもうすれ違う人に突然飛びかかりそうな猛獣レベルなんですが、(通り魔かよ)

 

なにをしてても満たされなくて、そして食べたいものもなくて、でもお腹はすくし、でも疲れてるし、イライラするしでなんだか泣けてきて、

 

 

そんなときふと自覚しました。

 

 

「ああ、わたし、いま寂しいのかな…」って。

 

 

今日は彼と会うのを疲れて部屋が散らかってるので私の方から断っていて、

 

そんな奴が寂しいもクソもあるのかと言われればその通りすぎるんですけど、

 

 

なんつーの…

 

 

疲れずに誰かに会いたいわけなんですよ。

 

部屋が散らかったままでも問題ない程度に人と会いたいんですよ。

 

ふっと会って、適当に話して、飽きたらすぐそんじゃーねと解散して、その後家でバタンキューできるような温度感で誰かに会いたいんですよ。

 

 

 

そんなときってあるのね。

 

 

 

はあ…人はこの気持ちをなんと呼ぶのだろうか…ワガママか? とかなんとか考えながら、

 

 

携帯を握りしめて「誰か連絡してこないかな」と思った次の瞬間。

 

 

突然のナンパおじさんがログイン

 

 

 

 

え?

 

まだ19時前なんですけど。

 

そして、ここ駅のショッピングモールの入り口でその辺に普通に人いますけど?

 

 

しかもなに、ドトールで一杯どう?

 

とは…。

 

 

 

えっドトールだよ、

ドゥ…ドトール??!!

 

 

 

 

すごい…

 

 

 

 

新し…すぎる…。

 

 

 

 

ちなみにこの場所はナンパスポットではない。アクセスはかなりいい駅ではあるが、とても治安の良い、ゆりぼうの近所である。

過去に一度だけ、金曜の夜、終電間近に一度反対側の出口にナンパに遭ったことがあるけど、時間が時間だったし、それはまあ仕方ないかなって思った。

 

 

 

だがこれは…。

 

 

 

 

 

これについてぼくが言いたいことは2つある。

 

 

ひとつは、

 

 

引き寄せの法則強すぎだろ!!!

 

 

ということ。

 

 

 

 

そしてもうひとつ。

 

 

寂しいと思ったし手軽に話せる人と会いたいってたしかに思ったけど、

 

 

 

悪いがオッサン、あんたじゃない。

ありがとう、帰ってくれ。

 

 

 

 

 

 

でもゆりぼうの要望的にはぴったりだったのか?

お酒でもないし…

 

 

いやないないない!!

そもそもナンパについていく勇気は私にはない!!

 

そしてなんだか…無駄に疲れた…。

 

 

 

お読みいただきありがとうございました(げっそり)

みなさんの中にナンパについていったことがある人がいましたら、是非体験談を希望します。

 

 

おしまい!!!

 

どうしようもなく

 

どうしようもなく食欲がなく、

どうしようもなく力が湧かず、

どうしようもなく、

やりたいことが頭をめぐるだけで、

どうしようもなくカラダが動かない。

 

 

 

 

 

 

でも、ただ。

 

 

 

 

 

そんなときでも。

 

 

 

 

 

そんなときでも、どうしようもなく自分を責めることだけは、どうやら辞めることができてきたようだ。

 

 

 

 

 

 

 

いいぞ、わたし。

 

 

もっとやれ。

 

 

 

 

 

 

こうやって完璧主義の残りの皮を、ぜんぶ剥ぎ落としてしまえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからあなたも、きっとできる。

 

離職してまた就職してる間に100記事目達成!!

f:id:start-mylife:20180614124856p:plain


ハーイ、こんにちは!

ゆりぼうです。

 


そういえば、ご報告があります。

 

 

なんとなんと、

 


当ブログ虹いろココットは、

今日この記事で、100記事目を迎えるそうです!!

 

 

というわけで、

祝★100記事目!!

 

いつも見てくださってる皆さんのおかげです!

本当にありがとうございます(*^v^*)♪♪

 


およよ…それにしても。。

 

ブログを始めたときは、100記事なんて先の先かと思っていたのですが、

もはや気づけば100か…!という感覚になっていました。

時が経つのは早いのう…。

 

 

【これから虹いろココットはどうするの?】

 

はい。

 

虹いろココットが以前から打ち立てている方針として、

 

「来てもらった方に少しでもプラスの気持ちを持って帰ってもらえるブログを目指す」

 

というのがあったのですが、

 

というか、あるのですが、

 


現状として、ここ最近これをあまり実践できていないし、

そもそもあまり意識できていないなぁ…というのが、正直なところです。

 


2か月前に離職期間を終えて働き始めてから、まだ慣れていなくて日々いっぱいいっぱい、というのは確かなのですが、


…でも、それを言い訳にできる時期はそろそろ終わりかなと(´・ω・`)

 

 

というわけで、今後虹いろココットは一度初心に帰りたいと思います。

 


来てくれた人が、何かしらポジティブな気持ちを持って帰ってくれるような場を、改めて目指したいと思います!!

 

もちろん、進化を拒んでいるわけではなく、新しいことや、カスタマイズなどは、どんどんしていきたいです。

 

 

なので、今後もまた気が向いたときに是非遊びにいらしてくれたら嬉しいです!

 

いつも読んでくださってありがとうございます^^

 


読んでくれた方が素敵な週末を過ごせますように♪

 

ゆりぼう

 

 

愛か家事か

ハーイ、こんにちは!

ゆりぼうです。

 

 

 

ぼく…家事が爆発…\(^o^)/

 

 

※火事ではありません、家事です。

 

 

 

家事がたまりすぎて部屋が爆発…というより、

家事ができてなくてゆりぼうが爆発…という感じですね。

 

※火事ではありません、家事です。

 

 

さて、この2つは何が違うのか?

 

 

 

家事をたまりにためて、汚部屋になっているのではなく、

家事を最低限まわして、ある程度きちんと生活できているけど、

 

 

雑に最低限やっていたのが積み重なって、

地味にゴチャゴチャしてきたし、

ちょっとした汚れや乱雑さが蓄積して、

 

 

精神衛生的に、だんだんだん…悪くなってきた感じ。

 

 

 

そんで爆発。

部屋じゃねえ、爆発したのはあたいさ。

 

 

 

「なんか…なんか汚くないーー!??」

 

 

「もう限界だ、いますぐ不要なモノを捨てまくって、すみずみまで掃除したい…キシャァアア!!」

 

 

みたいな。

 

 

 

そしてゆりぼうは夜遅いというのに静かに作業を開始したのだ…。

 

 

ゆりぼうが感じた「汚さ・乱雑さ」。

 実はそれは、ちょっとしたことの集まり。

 

 

ゆりぼうはそのあと、

 

掃除機をかけ、姿見の鏡を磨き、キッチンの側面を拭き、キッチンの下にひいてあるマットについた調理汚れを落とし、ガスコンロを磨き、キッチンパネルを拭き、スポンジ置き場やハンドソープの底を磨き、台所水栓を磨き、夏物の手洗い洗濯物を色落ちするものとしないものにきちんと分け、片方のグループを洗った。さらに網戸に油をさし、朝顔の手入れをし、玄関付近にたまっていた紙袋を処分し、ゴミを出し、出しっぱなしのサンダルを収納し、玄関を拭き、靴を揃えた。

 

 

読み終わったけどログが書けてない本はとりあえず本棚にしまい、床面積を広げた。

ぬいぐるみやら本やらタオルケットやらで床面積が狭くなりすぎるのも、部屋を狭く見せてしまっているのだとわかった。

 

 

そう、なんのことはない。

 

日常でやならくても、問題なさそうな家事ばかりである。

 

 

 

 

でも、これがちょっとずつたまっていって、

それが自分でもあまりわからなかったけど、

部屋に帰るとなんだかイライラしたり、落ち着かないことが多かった。

 

だんだんだん、そうなっていった。

 

 

だから、やはり家事をやる時間というのは、必要なのだ。

 

 

ただし、最低限の家事とは別だ。

 

 

 

部屋を、家具を、家電を。

 

そしてなにより自分が暮らす「空間」を、

きちんと「お手入れ」する時間が必要なのだ。

 

 

ゆりぼうは、土日はほとんど彼の家にいる事が多い。

 

フリーの時は良かったものの、

仕事をはじめてからというもの、

ゆりぼうの家では本当に最低限のことしかやっていなかった。

 

 

彼の家では洗濯物や洗い物や料理を手伝うことが多い。

ゆりぼうはそれらを自発的にやっている。

 

これは何か見返りを求めているわけではなく、

単純に二人でやった方が早く済むからやっている。

 

 

 

でも、忘れてはいけない。

 

 

彼の家でどれだけ家事をした気になっていても、自分の家は1ミリもお手入れされていないのだ。

 

 

これは彼に文句を言っているわけでもなければ、彼の家の家事をしてしまったことを嘆いているわけでもない。

 

 

ただ、

自分が一番お手入れすべき存在を忘れてはならないという、気づきと自戒である。

 

 

彼の家で過ごすと幸せで、家事を手伝うとさらに関係は良くなる。

 

けど、ずっとそれだけではやがてゆりぼうの家は乱雑になり、

それを日々見て過ごす自分の心はすさみ、ストレスが溜まり、

心に余裕がなくなり、大切なものにあたってしまう。

 

 

 

一見すると、家事より愛の方が偉大かもしれない。

 

愛があれば問題を乗り越えられる、つらいことがあっても支えになる。

 

 

でも、だからといってずっと愛だけを大切にしていると、自分のまわりがだんだん壊滅してくる。

 

 

そう。だから、実は愛より、

家事が偉大なのだ。

 

 

…とは言わない!!!!!!

 

 

 

 

要するに、自分にも愛が必要なのだ。

 

 

そういうことでしょ。

 

 

 

 

おしまい。

 

 

 

頑張ります!と言うのを禁止してみる

ハーイ、こんにちは!

ゆりぼうです。

 


突然ですが、

 

普段の会話の中で、すぐ「頑張ります」って言っちゃうこと、ありませんか?

 

 

 

それは、相手の期待に応えようという気持ちからだったり。

自分自信に気合を入れるためだったり。

はたまた、会話の締めというかオチに使っちゃうだけだったり。

 


結構使い道っていろいろあって、

使い慣れちゃうと、いくらでも使うことができます。

 


わたしはモロにそういうタイプで、

自分でも「あっ また頑張るって言っちゃった」と気づくこともあるぐらいなんですが、

 


それ、もう言うのやめようかと思います。

 

 

 

理由は単純に2つで、


ひとつは

 

●頑張らなくてもいいことをもう頑張りたくないから

 

 

で、

 


もうひとつは

 


●頑張りますって言う時点で頑張ってないみたいだけど、自分はいつも十分一生懸命やってるから

 


です。

 

 

 

一つ目の方は、なんかほんと自分にとってどうでもいいものにエネルギーを割くのをやめたくなったというか。

 

人生1度きりですからどうせならもっと自分が楽しめることとか、わくわくするものにエネルギーを割きたいよねっていう。

 

 

もうひとつは、このブログでもちょくちょく出てくると思うんですが、ゆりぼうは元々、超がつくほどの完璧主義だったんですよね。

 

それが和らいできた現時点でも、いまだに何でも一生懸命取り組む習性があります。

 

 

人からは、それがゆりぼうのいいところだよって言ってもらえることもあって、それはとってもありがたいんですが、自分としてはもうちょっとメリハリつけてON・OFFを覚えたいところなのです。

 


とはいえやっぱり一生懸命やってしまうので。

 

 

そういう意味でも、「もうすでに自分はいつも精一杯頑張ってる」ということを意識していきたいと思います。

 

 

 

というわけで、「頑張る」という言葉とはお別れしちゃうぞ!

がお^ω^!!

 


今後このブログで「頑張ります~!」とか出てきたら、それは完全に忘れてるやつなので、「こいつ忘れてんじゃねえかYO!」と思って頂ければ幸いです。

 

 

忘れちゃってたら意味ないけど、そこはゆるくしたいものだ。

 

 

頑張りますって言う言葉を使わないように頑張ります!

…ってしちゃうと、それこそ本末転倒になりそうなので。笑

 


ではでは!

 

今日も遊びに来ていただいてありがとうございました♡

 

学歴は意味ないとか、仕事を3年続けるのは無駄とか言う人

ハーイ、こんにちは!

ゆりぼうです。

 

 

近年、会社の採用でも世の中的にも、

学歴主義の時代じゃなくなってきてますね。

 

 

学歴一本で人を見てると、その人の他のいい部分が見えなかったりするので、学歴を重んじ過ぎなくなってきたのはいい傾向だと思います。

 

 

ただ、それにかこつけてか、

「今や学歴は必要ない」とか、「東大を出るほどの学力なんて意味ない」とか言う人をたまに見かけますが、

 

 

正直、そういうのは

 

「あんたが東大出てから言えよwwww」

 

としか思えません。

 

 

それを実際に「経験してる」東大生が言うなら説得力あるけど、そうじゃない低学歴の人がそれを言ったところで、そうなれなかった自分の妬みとひがみと無知をさらしてるだけじゃない…?ほんと。

 

 

あと、学歴だけじゃなく、仕事に関しても同じです。

 

「会社はとりあえず3年なんて言うけど、そんなことする必要ないと思う」って言葉。

 

これも最近よく見聞きするようになりましたけど。

 

 

 

これも、3年続けてない人が言う言葉じゃないよねwwww

 

 

 

なんでもそうですけど、

「物事が不要かどうか」「価値があるかどうか」って、

ぶっちゃけそれを経験してみることでしかわからないし、

自分自身で経験してみてからはじめてわかる、様々な意味での「不要さ」ってあると思うんですよね。

 

 

これは「自分には」不要だったのか、

これは「このタイミングでは」価値がなかったのか、

これは「こういう経験を積んでいる身としては」意味がなかったのか、とか。色々。

 

 

自分で経験してから思うのであれば、それはほんとにその人にとって、そうだったのかもしれないし、経験した上で「これは無駄だった」と分かったこと自体が、すごい価値のある経験だと思う。

 

 

でもたぶん、経験してない人はそういうのを自分の身では知らないわけですよね、体験談とかは聞いてるかもだけど。

 

 

それってほんと、

「自分が無知の領域」をディスってるだけだって、気づいた方がいいよ。

 

 

自分の知らない領域をディスるって、

自分はやったことない人の趣味とかをバカにするのと、そう変わらないと思う。

 

 

それをする目的は、もちろん、

「なにかをしない・なにかをやめる・なにかを持てない自分」を正当化したいだけなん

だろうけど。

 

 

何が言いたいかと言うと、

 

 

学歴が不要だと思う人間は、バカのままでよろしい。

 

3年続けるのが意味ないと思う人間は、さっさと辞めてよろしい。

 

 

 

でも、東大に入れる人だからこそ知れる世界はたくさんあるし、長年仕事を続ける人だけが知れる仕事の面白さや、奥深さもあるんだってことを忘れて自分を正当化してたら、ただの無知ですよ。

 

 

 

そして、そういうのをあたかもカッコつけて知ったかぶりに言ったり、そういうことをしてきた相手をバカにしたりすることは、とても恥ずかしいことだと、わたしは思います。

 

 

 

 

言いたいことは以上だっ!!

 

 

お読みいただきありがとうございました♡

 

 

 

 

「会社辞めたい」の種類

「会社辞めたい」の種類

 

f:id:start-mylife:20180905085309p:plain

 

 

 

(ハラスメントがつらすぎて)会社辞めたい

(仕事が終わらなすぎて)会社辞めたい

(心身共に負担が大きすぎて)会社辞めたい

(労働環境があまにも過酷すぎて)会社辞めたい

(休みがぜんぜん取れなくて)会社辞めたい

(給料が下がる一方で)会社辞めたい

 

 

(休み明けでしんどいから)会社辞めたい

(どうしても嫌な人がいて)会社辞めたい

(怒られてばかりなので)会社辞めたい

(異動が嫌すぎて)会社辞めたい

(どんどん人が辞めていくから自分も)会社辞めたい

(社会人するのに合ってないから)会社辞めたい

(この会社飽きたから)会社辞め(て他に転職し)たい

 

 

(将来のキャリアを考えて)会社辞め(て他に転職し)たい

(やりたいことがあるから)会社辞めた(てそれにチャレンジし)たい

(心身共に休養する期間がほしいから)会社辞め(てゆっくり休み)たい

(誰かの下で働くのがくだらなくなったから)会社辞め(て独立し)たい

 

 

…個人的な分類だけど、

 

 

一番上のブロックは、とりあえず辞めて逃げてしまってもいいやつだと思っている。

 

 

 

 

 

二番目のブロックは、

外的要因と言うより、「自分主体で感じているモノ」が多いから、なにか努力して変えられるものがあれば、やってみると良いよね。

 

あとは、

「それで、そしたらその後どうしたいか」が明確になればOKじゃない?

 

 

 

 

 

三番目のブロックは、いいぞもっとやれ!!どんどんやれ!!

 

 

10か月離職してたゆりぼうとしては、休養もチャレンジも、同じぐらいに自分の糧になると思うよ!!

 

 

 

 

さて、あなたはどれでしたか^^?

 

 

ちなみにゆりぼうは昔は①と⑪でしたが、今は⑰です。

(誰かの下で働くのがくだらなくなったから)会社辞め(て独立し)よう、

を胸に秘め、頑張っていくぞ~~~~!!

 

 

お読みいただきありがとうございました!