会社辞めた28歳が10ヶ月離職して再スタート★虹いろココット

7つの肩書きで自分らしく生きてこう★虹いろココット

やりたいこと、欲しいもの、ワクワクする夢。ぜんぶココットのお鍋に入れて。そっと火にかければ、きっと綺麗な虹色になる。

ポケGO歴1週間の友達がルギアを連れてて妬みが止まらないぼく

 

なんやねん。なんでルギアやねん。

わしかてルギアなんぞ持ってないわ。

 

 

 

――――――――――というのが、昨日のポケモンGO起動時に口からでた

(正確には心からダダもれた)一言である。

 


みなさん、ルギアというポケモンはご存知だろうか?


なんとなくしか知らない…だと? はあ、ゆりぼうに至っては名前と見た目ぐらいしか知らないというのに…出直してきていただきたい限りだ。

 


いやともかく、ルギアという名前の伝説っぽいポケモンがおり、端的にいうとめっちゃ強くて超レアでまじ卍でラスボス、みたいな立ち位置だと考えていただければOKだ。

 


それを、だ。

 

そんなまじ卍の激レア伝説ポケモンを、ポケモンGO歴1週間の友達が相棒として連れて歩いているのだから控えめに言っても文句しか出ない。ゆりぼうだってルギア持ってないんぞ?え?

 

 

ちなみにルギアってこの人ね。あっ、人じゃないけど。

f:id:start-mylife:20190615234103p:plain


こんな感じ。カッコいいですよね。 

 

 

世間を騒がせたり、騒がせなかったりするポケモンGOというスマフォゲームでは、手持ちのポケモンから1体を相棒として選び、自分のすぐ側につけることができる。

 

相棒として過ごしていると、そのポケモンの強化に必要な「アメ」が手に入るという仕組みだ。相棒は手持ちのポケモンであればいつでも変えることができ…ってそんなことどうでもいいんじゃいいいいい‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼


問題はなんで開始したばかりのヒヨッコがルギア連れとるかじゃボケ‼‼‼
ゆりぼうなんて…数年ブランクあるけどポケモンGO歴、ぜんぶで半年以上はあるもん‼‼‼

 

でもルギアなんてまだGETできてないんじゃーーーー!!
うぐぐ…ねたましい。ねたましいわッ!!

 


…という話を彼にしたところ、

 

「うーん…ゆりぼうも伝説ポケモンの【ホウオウ】を持ってるし、いいんじゃない?」

 

 

と言われたが、


ホウオウじゃ映画の主役はとれないんじゃァァアアア!!

 

ルギアなんて、「ルギア爆誕っていうガチ主演の映画まであるんぞ? なんなら名前が映画のタイトルにまでなっとるんぞ??

 


ホウオウが出てる映画なんて知らんし、少なくとも「ホウオウ光臨」みたいなタイトルは聞いたことないし、あったらあったでちょっと観たいじゃないかバーロー???

 

 


というわけで、ルギアが欲しくて駄々をこねて部屋の隅から隅まで転がり往復するぼく。そんなことをすると脳みそが洗濯機にかけられたみたいになるのでなにかに妬ましさを感じる時はちっともオススメではありません。

 


みなさんもぜひ気をつけてくださいね。

 

 

 

お読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

☆現在更新中のおすすめシリーズ記事一覧☆ 

start-mylife.hatenablog.com

start-mylife.hatenablog.com

start-mylife.hatenablog.com

start-mylife.hatenablog.com

start-mylife.hatenablog.com

 

可愛すぎて品薄のラプラスをゲーセンで探し回ったゆりぼう

ハーイ、こんにちは!
ゆりぼうです^^

 

みなさんお盆休みでしょうか?
ゆりぼうは特にお盆休みはないのですが、
普通の土日でお休みしております。

 

入社してから1週目、2週目、3週目の
週末の土日はぜんぶ、
どっぷり疲れてほとんど何もできませんでしたが、
今日は久々に外に「遊びに」出れました!
わーーーい^^

 

やはり疲れてはいたのですが、
ほんの少しだけ慣れてきたのと、
遊びたい欲求が溜まっていたwww

 

そんなわけで、今日は彼と外で食事したりして過ごしていたのですが、

 

こう見えて我々には

超重要なミッションがありました。

 

 

そう、それは、


ゲームセンターに
ラプラスをお迎えに行くこと。

 

 

その名も、
オペレーション★ラプぼう

 

 

 

説明しよう!
オペレーション★ラプぼう とは、

 

ゲームセンターのクレーンゲームの景品となっている
ポケットモンスターの「ラプラス」の特大ぬいぐるみを
GETし、ゆりぼうの家のゆりぼう水族館の仲間に増やそう
というミッションである。(※1)

 

私はクレーンゲーム歴が約20年、
彼はクレーンゲーム歴約10年という、かなりの精鋭部隊ではあるが、
(※2)


先週、某ゲーセンにて
ラプラス獲得に数千円投資して完敗しているのが現状であった。
(※3)

 

また、このラプラス特大ぬいぐるみは、
とても可愛いと評判で、各地のゲームセンターで
仕入れ後3週間経たずに品切れ御礼という背景がある。


つまり、この週末は
オペレーション★ラプぼう を実行するための
最後のチャンスであったのだ!!

 


まずは、ラプぼうの位置を捕捉するゆりぼう達。


最寄のゲーセンへ行ったゆりぼう「先週まであったラプラスのぬいぐるみ、ありませんか?」
先週完敗したゲーセンのお兄さん「あ~…在庫もうなくなっちゃってますね。」


精鋭部隊であるゆりぼうは、
この一言で状況を察した。

 

 

ああ、もうこれは残っている店舗が
ほぼないだろうと。

 

むろん、精鋭としてのキャリアがモノをいう世界である。
ゆりぼうは察せるのである。精鋭だけに。(※4)

 

そして、以降はまず荷電にて
確認する作戦を開始。


1件目

ゆりぼう「ちょっとお聞きしたいんですけど…ポケモンラプラスのぬいぐるみって
そちらで扱いありますか?」

店員さん「あ、ラプラスですね。うちではもう終わっちゃってますね」
ゆりぼう「(;ω;)」

 

2件目
ゆりぼう「ちょっとお聞きしたいんですけど…ポケモンのぬいぐるみでラプラスって…」
店員さん「あ、片目ウインクしてるやつですか?」
ゆりぼう「…! そうです!!」
店員さん「あれならありますよ!…あれ、すみません無くなっちゃってますね」
ゆりぼう「(;ω;)」


3件目・4件目

ゆりぼう「このへんにも電話かけてみよう」
できる彼「こことここ、昨日見てきたよ。無かった」
ゆりぼう「偵察済み…だと!? 仕事できるな‼好き!」


5件目
ゆりぼう「ちょっとお聞き(ry」
店員さん「ラプラスですか?あの大きいタイプのぬいぐるみですね?」
ゆりぼう「はい!!」
店員さん「まだありますよ。…うん、大丈夫です。あります!」
ゆりぼう「ありがtうごじゃいましゅぅうる!(嚙みまちた)」

 

 

5件目にして、
とうとう取り扱い店舗を補足することに成功‼

 

 

そして…
ぼくたちはオペレーション★ラプぼうを
見事成功させたのだ…。

 

 

ん?
実際にゲーセンでの奮闘レポを書かないのかって?

 

ふ。
精鋭のプロは自分の仕事についてわざわざ語らないもんさ…。
(※5)

 

 

まあ、戦利品のかわいいラプぼうの写真だけは
貼っておいたから、キミもこの可愛さに癒されるがいいさ…。

 

じゃ、おれ達は次のミッションがあるんだ。(※6)
またな!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※1
ゆりぼうは水生生物が大好きなため、
部屋のぬいぐるみ達で水族館ができそうな感じである。

 

※2
とはいえ彼の方が景品取るのが上手だという事実。
それがなぜなのかは、21世紀最大の謎。
未だに世界中の科学者がこぞって研究中である。

 

※3
これは我々がポンコツなわけではなく、
ラプラス取り扱いの機種が、「確立機」と呼ばれるマシンで、
実力に関係なく運でとれるか取れないかが決まる
マシンだったのである。繰り返すが我々がポンコツだったわけではない。

 

※4
これは見栄ってやつやな。

 

※5
語らないのではなく、語れるようなものではなかったのである。
端的に言えば、今回も数千円が吹っ飛んだのである。
お察しください。

 

※6
忙しいように見せたいだけである。
ゆりぼうは最近まで無職だったため、
若干それらしく見せたいだけである。

 

f:id:start-mylife:20180811233559p:plain

 

ラプぼう「いつも読んでくれてありがとう! これからもぼくの主人になったらしいゆりぼうのことをよろしくね! 」